パッチリ瞼で若見え美人に|老け顔に見られるほうれい線は治療で排除せよ
レディ

老け顔に見られるほうれい線は治療で排除せよ

パッチリ瞼で若見え美人に

医者

早めに対処しよう

眼瞼下垂とは瞼の筋肉がゆるんで、垂れ下がってしまう症状で、見た目だけではなく肩こりや偏頭痛など、様々な不快症状を引き起こします。これを再び持ち上げて固定するのが眼瞼下垂術で、若々しい目元を実現するのに、なくてはならない施術なのです。このようにメリットの大きい眼瞼下垂術ですが、技術のないクリニックで受けると、傷跡が残る、左右で目の開きが異なるなどの問題が起こる可能性もあります。瞼は非常にデリケートな部分です。確かな技術を持った、名医を探す必要があるでしょう。それには、やはり眼瞼下垂術の臨床例の豊富な医師を探すことが一番ですが、気がついたらなるべく早く対処することも重要なポイントです。眼瞼下垂は放っておいても治ることは無く、症状が進むだけです。軽症のうちに治療を受けることが、より負担の軽い、美しい仕上がりを期待できます。早めの対処を心がけましょう。すっきりとした目元を実現するために、あなたの名医をみつけてください。

切らないのに効果的

アンチエイジングに欠かせない眼瞼下垂術ですが、最近人気の施術に、埋没法があります。二重形成と同じで、切らずに瞼のたるみやゆるみを改善するものです。やはり誰しもメスで皮膚を切開するというと、多少の恐さはついてまわるでしょう。しかし、この施術はメスで切ることなく、しかし垂れ下がった瞼をしっかりとあげて、固定してくれるのです。この「埋没式挙筋短縮法」でしたら、身体に負担がかからず、ダウンタイムも少なくて済みます。また、瞼を上に上げ過ぎてしまった、などの問題が起きた時、メスで切開する方法と異なり、元に戻すことも可能です。まさに、安心と信頼の施術、ではないでしょうか。眼瞼下垂術は受けたい、でも失敗は恐い、そんな方にぜひとも受けていただきたい施術なのです。そして、このような施術を開発し、実践していることそのものが、名医の証とも言えるでしょう。名医の生んだ施術、切らない眼瞼下垂術、美容と健康その両面から注目を集める施術です。